21:07 2018年09月22日
靖国神社

日本の超党派国会議員グループ 靖国神社参拝

© 写真: Marko Kudjerski
日本
短縮 URL
2816

金曜日、日本の複数の政党の代表からなる超党派の国会議員グループが、靖国神社に参拝した。共同通信が伝えた。

与党自由民主党のみならず野党も含め様々な政党の、およそ90人の国会議員が参拝に加わった。現職閣僚としては、高石早苗総務相も参拝した。

今回参拝を控えたものの安倍首相は、木曜日、春季例大祭に合わせ、供え物「真榊(まさかき)」を「内閣総理大臣 安倍晋三」の名前で私費で奉納した。2012年12月に政権の座に就いて以来、安倍氏が靖国神社に参拝したのは、2013年12月の一度だけだ。これは、総理大臣の参拝としては、2006年の小泉首相以来初のものとなった。この参拝は、中国や韓国の側から極めて否定的な反応を呼び起こしたほか、主要な同盟国である米国の理解も得られず関係が一時冷え込んだ。それ以来安倍氏は、参拝を控え、供え物の奉納にとどめている。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント