23:01 2018年09月25日
三菱

三菱自動車社長「燃費スキャンダル」を背景に辞任の意向

© Flickr/ viZZZual.com
日本
短縮 URL
0 51

三菱自動車の相川哲郎社長は、燃費データの不正問題をめぐり燃え上がったスキャンダルを背景に、辞任する意向だ。不正は、少なくとも10のモデルで明らかになっている。27日、毎日新聞が報じた。

報道によれば「この件について正式に発表されるのは、特別に作られた独立委員会が、会社内での調査を終えた後」との事だ。なお相川社長以外に、他の指導部のメンバーも引責辞任する見込みだ。

26日、東京での記者会見で相川社長は、社内で発生した燃費データ不正問題が、会社の存続を脅威にさらす可能性のある事を認めた。先に三菱自動車の代表者らは、1991年から自動車の燃費テストが、規則に違反する形で行われていたと伝えた。そのおかげで、いくつかの車種の燃費データが、実際より低いものになっていた。

タグ
自動車, 三菱, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント