07:09 2018年07月19日
三菱自動車、従業員1300人の賃金カットを準備

三菱自動車、従業員1300人の賃金カットを準備

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
日本
短縮 URL
4111

燃料消費データの改竄スキャンダルで小型車生産用コンベアの停止を受け、日本の自動車メーカー三菱自動車は、水島工場の従業員の賃金カットを準備している。日本のメディアが明らかにした。

工場は小型車の生産のための主要な拠点となる。コンベアは長期間、4つのモデルにつき燃料消費量のデータが改竄されていることが明らかになった後、停止された。

水島工場は昨年、燃料消費量のデータが操作されたモデルの約60%にあたる30万9000台を生産した。

水島工場の従業員は3600人。うち1300人の賃金半減の必要性について指導部は労働組合と交渉中。削減の規模は開示されておらず、人員は自宅待機を要請されている。

タグ
自動車, 三菱, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント