00:45 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    日本でハンバーガーやステーキの人気の高まりにより魚の需要減少

    日本でハンバーガーやステーキの人気の高まりにより魚の需要減少

    © Sputnik/ Petr Chernov
    日本
    短縮 URL
    338036

    日本は2015年、マグロの輸入および漁獲量が3%減少した。若者の間でますますハンバーガーやステーキが好まれており、寿司と刺身の人気が下がっているため。フィナンシャル・タイムズ紙より。

    また、マグロの輸入の減少は、円安やサーモンなどの安価な魚との競争力の弱さにもよるという。

    肉の消費は一日あたり約90グラムまで増加している一方で、日本の魚介類の消費量は、近年では一日あたり一人当たり70グラム未満に減少した。二十年前、平均的な日本人は、一日に魚介類約100グラムと肉80グラムあまりを食べていた。

    なお2011年から2014年にかけて日本における生魚の消費量は5%減少した。

    タグ
    食品, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント