03:30 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    広島の被爆者はオバマさんの口から謝罪を待ってはいない

    広島の被爆者はオバマさんの口から謝罪を待ってはいない

    © AFP 2017/ Raymond Roig
    日本
    短縮 URL
    421823110

    広島県被団協の箕牧智之(みまき・としゆき)事務局長は、1945年の原爆投下による広島の被爆者らは米大統領の広島視察時に大統領の口から米国民を代表する謝罪を聞こうとは思っていないと語った。

    ホワイトハウスは10日火曜、オバマ大統領は5月27日にG7サミットに参加するため日本を訪問した際、安倍首相とともに広島を訪問すると発表。

    オバマ氏は米空軍が1945年8月に原爆を落とした都市を訪問する最初の現役大統領となる。

    箕牧さんは「私たち被爆者たちにとって夢のようです。原爆資料館を訪れて原爆被害や核兵器の恐ろしさを感じてほしいです。謝罪をするとか慰霊碑の前で頭を下げるとかということはおいておいて拍手で迎えて拍手で送りたい。訪問をきっかけに核兵器廃絶がさらに前進することを願います」と訪問が決まった喜びを語っている。

    原爆投下時、わずか3歳だった箕牧さんは、被爆者全員の悲願である核兵器の完全廃絶を人生の一番の目標とされている。

    タグ
    第二次世界大戦, 歴史, バラク・オバマ, 米国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント