17:58 2018年08月15日
「ロスアトム」

「ロスアトム」 福島第一原発廃炉について日本側と討議

© Sputnik / Валерий Мельников
日本
短縮 URL
2280

ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」のセルゲイ・キリエンコ社長は、TVロシア24のインタビューに応じた中で「日本は、原発の廃炉作業に関し、我々とのパートナーシップに関心を持っている」と述べた。

「ロスアトム」は、福島原発の汚染水浄化など、ユニークなテクノロジーのための入札で獲得した注文を、日本のパートナーのために遂行した。

廃炉問題では「ロスアトム」との協力について、英国やドイツも関心を示している。

ロシアは、これまで何度も、福島第一原発事故後の処理活動における援助を提案してきた。2014年、日本政府は、福島第一原発の汚染水浄化に向けたデモンストレーション・プロジェクト実現のためのパートナーとして、ロシアの複数の企業を選んでいる。

 

 

関連:

ロスアトム「高速炉に関し日本と協力する用意あり」
ロスアトム社の代表団、11月末に日本を訪れる
ロスアトム、ハンガリーと原発建設合意
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント