05:47 2019年12月15日
スズキ

日本国土交通省 燃費不正問題でスズキ本社を立ち入り検査

© Flickr / Philip May
日本
短縮 URL
217
でフォローする

日本の国土交通省は、スズキ自動車が、燃費データについて定められた走行試験を行わず不正な測定を行っていた問題に関連して、立ち入り検査のためスズキ本社に専門の職員を派遣した。

専門家らは、スズキの指導部に話を聞き、文書を検査する。共同通信が伝えた。

すでに今週スズキ自動車は、国の標準と合致しない形で燃費測定を、26車種、210万台に行っていたことを認めた。

4月、三菱自動車の指導部は、25年にわたって燃費試験で不正行為を行っていたことを認めた。これを受けて三菱自動車の株価は40パーセント以上暴落した。日本では、「eKワゴン」、「eKスペース」、「デイズ」、「デイズルークス」の生産が中止された。なお、さらに10車種が燃費データの不正問題をめぐるスキャンダルに巻き込まれる可能性があり、そこにはロシア市場で販売されている「パジェロ」と「アウトランダー」も含まれる。

タグ
自動車, スズキ, 三菱, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント