07:18 2018年10月22日
日本 紛争に最も関与していない国トップ10入り

日本 紛争に最も関与していない国トップ10入り

© REUTERS / Issei Kato
日本
短縮 URL
3306

2016年の世界平和度指数によると、世界の安全保障レベルは低下しており、紛争に全く関与していないと考えられる国はわずか10カ国しかない。

中東情勢の悪化、移民・難民問題の未解決、テロによる死者数の増加などが、世界平和度指数悪化の原因となった。インディペンデント紙が報じた。

10年前から世界平和度指数を発表している経済平和研究所によると、内部紛争にも外部紛争にも全く関与していない国は、ボツワナ、チリ、コスタリカ、日本、モーリシャス、パナマ、カタール、スイス、ウルグアイ、ベトナム。

なお世界で最も平和な国は今回もアイスランドで、最も平和でない国はシリアだった。

約80カ国が以前よりも安全となり、79カ国の情勢が悪化した。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント