10:30 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    いすゞと日野、日本の商業ドライバー不足解決のため協力

    いすゞと日野、日本の商業ドライバー不足解決のため協力

    © Flickr/ hans-johnson
    日本
    短縮 URL
    091751

    いすゞと日野の代表が両者の専門家の力を結集することを発表した。新しい自律トラックを開発する計画という。

    また、これらのトラックが車列をなして移動できるようにするシステムも作られる。

    これにより日本における商業ドライバー不足の問題を解決することを目指す。車列をなすことで燃料消費も低減されるとのこと。

    同社の専門家によれば、この交通システムは「インテレクチュアル」であり、列をなすそれぞれのトラックが互いに情報を共有することができる。「先頭車両」が取得したデータが残りのトラックに転送される仕組みだという。

    この「先頭車両」は人間が操縦する。発売は2021年3月の予定。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント