18:37 2019年11月12日
日本当局「ロシアの軍艦が尖閣付近に現れたのは偶然」と説明

日本当局「ロシアの軍艦が尖閣付近に現れたのは偶然」と説明

© Sputnik / Vitaliy Ankov
日本
短縮 URL
121415
でフォローする

ロシア海軍と中国の軍艦が、日中間で領有権をめぐり対立している尖閣(中国目;ジャオユイダオ)諸島水域に同時に現れたことは、ロ中間であらかじめ打ち合わせをしたものではない。NHKテレビは、日本政府筋の情報を引用して、伝えた。

それによれば、ロシアの軍艦が、係争中の水域付近を航行したのは、ほかの場所での任務を果たした後で、母港に戻る単に途中だったとのことだ。

ある消息筋は「この行為が、中国との合意の上なされたとみなすべきではない」と指摘している。

日本外務省によれば、日本は、水曜から木曜にかけての深夜、中国の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域内に一時入った問題に関し、中国に抗議した。同じ海域には、ロシアの複数の軍艦も航行中だった。なおロシアの艦船は、水曜日の09時50分ごろ、先に同水域内に入り、木曜日の03時05分に水域を去った。

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント