02:38 2020年10月31日
日本
短縮 URL
0 70
でフォローする

日産自動車のエンジニア達は、新世代の燃料エレメントの助けを借りて、電気自動車のバッテリーを充電可能な技術を開発した。ロイター通信が伝えた。

この新しい技術は、燃料として、エタノールから特別なコンバータにより得られる水素を用いるもので、車は、有害な廃棄物を出さず騒音も少ない、電気自動車の長所を持つことになる。

現在までに、日産は、試作車をすでに製作している。しかし、このエタノール車のシリーズがいつ市場に現れるようになるのかについて、日産は明らかにしていない。

タグ
自動車, 日産, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント