08:30 2020年10月26日
日本
短縮 URL
231
でフォローする

ある女優が、団体のメンバーに強姦されたと訴えた後、NPO法人知的財産振興協会(IPPA)が謝罪し、業界改革を行うと約束した。6月23日木曜日、BBCが伝えた。

ある女性の訴えがきっかけとなった。その女性は契約書をおろそかに読み、契約にはAV撮影も含まれることに気づかずに、ビデオ撮影の出演の契約書に署名をした。その後、女性が監督の要求を断ると、監督は契約違反だとし、多額の違約金で彼女を脅した。その後、監督たちはシステマチックにカメラで撮影しながら彼女を強姦した。警察は容疑者たちをすでに逮捕している。

80%の日本のAV監督が加盟しているNPO法人知的財産振興協会(IPPA)は「今まで対応を自主的に行っていなかったことに対し深く反省しております。幾重にもお詫び申し上げます」と声明した。

 

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント