13:04 2021年01月22日
日本
短縮 URL
0 25
でフォローする

日本の警察当局は、フライト前に酔っ払った状態で、警察官を平手打ちした日本航空(JAL)の42歳の男性副操縦士を現行犯逮捕した。そのため、28日朝の便は欠航となり、搭乗を予定していた81人は後発便などに乗り換えた。共同通信が伝えた。

問題のパイロット、巽(たつみ)創一副操縦士は、警察での取り調べで「酔っていたので、何があったかよく覚えていない」と答えている。JALは、フライト前、少なくとも12時間前までの飲酒を禁止している同社の規則に、副操縦士が違反していなかったどうか調べている。

副操縦士は、27日の乗務後、金沢市で飲酒、そのさい同席していた同僚のパイロット(機長)に暴行を働いたため、目撃者が警察に通報した。しかし彼は、駆け付けた警察官に対しても、平手で殴るなどしたため、公務執行妨害で現行犯逮捕された。

JALは「迷惑をかけ深くおわびする」とのコメントを出した。

 

 

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント