05:38 2021年04月21日
日本
短縮 URL
6817
でフォローする

東京にある国立がん研究センターは29日、日本で新たにがんと診断された患者が増加したと発表した。

2012年に新たにがんと診断された人は、2011年から1万4000人増えて86万5000人だったという。

2012年にがんと診断された男性は50万3970人、女性は36万1268人だった。

なお、がん患者が増加した原因については伝えられていない。

2011年の福島第1原子力発電所事故後、日本では放射能汚染でがんが増える恐れがあるとの懸念が生まれた。

タグ
医療, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント