20:28 2018年10月21日
裁判所

日本検察庁、米軍属起訴

© Sputnik / Andrei Starostin
日本
短縮 URL
0 110

沖縄の那覇地方検察庁が、女性会社員(20)を襲い殺害したとして、米軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者を殺人と強姦致死の罪で=死体遺棄罪で起訴=追起訴した。共同通信が報じた。

5月の終わり沖縄で、嘉手納基地で勤務していた米軍人シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)が女性の遺体を隠そうとしたとして、死体遺棄罪で逮捕された。女性の遺体は、容疑者の証言によると、森で発見されたという。取調べ中に、容疑者は女性を暴行し殺害したと供述した。容疑者の車の中で被害者の血痕が発見された・警察は容疑を暴行と殺害に変えた。事件は広くニュースに取り上げられた。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント