00:25 2018年10月23日
難民

国連:日本には移民が緊要

© AFP 2018 / Attila Kisbenedek
日本
短縮 URL
55108

近い将来、日本は自らの厳しい移民政策を見直す必要に駆られる可能性があると、国連は考えている。なぜならば、外国人がいないと、単に働く人がいなくなるからだ。ガーディアン紙が伝えた。

最新の国勢調査のデータによると、日本の人口の4分の1以上が65歳以上で、また、14歳以下の子どもの数は、史上最少を記録した。

2010年に行われた前回の国勢調査の時から比べると、この数字は3.7%増えている。

国連の予想では、日本の人口は減り続けていき、2050年までには人口が5700万人にまで減る。現在の人口を維持するためには、日本は1700万人もの移民を必要とすると国連では推定されている。

現在、64歳以上の男女は日本の労働力の半分より少し多くを占めている。

先に伝えられたところによると、日本人の4人に一人が65歳以上の高齢者だ。

タグ
移民, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント