14:25 2018年12月10日
普天間基地

沖縄、ヘリコプター着陸帯の工事が再開

© AP Photo / Greg Baker
日本
短縮 URL
2116

沖縄県で米軍用ヘリコプター着陸帯の建設工事が再開されたことをうけ、地元住民は抗議の座り込みを組織している。

警察は500人の警官を投入して建設現場までの道路に張り巡らされたバリケードの撤去作業を開始。スプートニクが報じた。

建設現場となった東村の高江地区では早朝6時から工事が再開されている。

この地区の6箇所のヘリコプター着陸帯を設けることは 東村および国頭郡付近のジャングルにある北部訓練所の土地の半分を日本に返還する際の必須条件。土地返還については1996年に米国との合意が成立している。

先に伝えられたところによると、沖縄はオスプレイ用の飛行場建設中止を要求した。

タグ
日本, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント