07:24 2020年10月27日
日本
短縮 URL
2623
でフォローする

日本の新しい防衛大臣に、将来の首相候補の一人とされる女性、稲田朋美政調会長が起用される見込みだ。共同通信が消息筋の話として伝えた。

稲田氏は、日本の政治史上、2人目の女性防衛大臣となる。2007年、女性として最初に防衛大臣となったのは、日曜日に実施された東京都知事選挙で、自ら属する与党自民党の反対を押し切って出馬し当選した小池百合子氏だった。

稲田氏は、自民党総裁選挙で安倍氏に対抗し立候補を試みた党指導部唯一のメンバーとなった。この試みは失敗に終わったが、稲田氏は、自分の意見を主張し、派閥や権威をものともしない新しいタイプの女性との立場を得るようになった。

今春、稲田氏は、モスクワを訪問した。この訪問は、5月にソチで行われた安倍・プーチン会談に先立つものとして注目された。

関連:

自民党政調会長 靖国神社を参拝
ロシア大統領になるのは女性?
プーチン大統領に安倍首相から親書
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント