06:29 2018年12月14日
安倍首相

安部首相「71年前に広島及び長崎で起こった悲惨な経験を二度と繰り返させてはならない」

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
日本
短縮 URL
2211

安部首相は8月6日に執り行われた広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式で、米国の原子爆弾により十数万の命が奪われた、71年前に広島及び長崎で起こった悲惨な経験を二度と繰り返させてはならないと述べた。安部首相は次のように発言した。

「71年前に広島及び長崎で起こった悲惨な経験を二度と繰り返させてはならない。そのための努力を絶え間なく積み重ねていくことは、今を生きる私たちの責任であります。」

安部首相は、核保有国と核非保有国の双方に協力を求め「世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすことを改めてお誓い申し上げます。」と述べた。

さらに安部首相は、5月に現職米国大統領として初めて広島を訪問したオバマ大統領について発言した。

関連:

最後に核兵器を使用した国がどこであるか米国は知っているのか
被爆者がオバマ大統領に、自分は米国を責めない
日本人専門家「オバマ大統領の広島訪問に具体的一歩を期待したが、無理だった」
タグ
核兵器, 安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント