22:52 2019年11月13日
救急車

東京の祭りで火炎瓶?15人負傷

© AFP 2019 / Jiji Press
日本
短縮 URL
2112
でフォローする

60代の男性が東京杉並区で行われていた祭りの最中に火炎瓶のようなものを人に投げつけ、15人が負傷した。

住宅の3階から祭りに来ていた人に火炎瓶らしきものが投げ込まれ、火炎瓶は地面に当たり燃え上がった。

負傷者の数は報道によってさまざまだ。NHKとTBSテレビは8人の負傷を伝えているが、朝日新聞と読売新聞は15,16人が負傷したと報じている。負傷者の中には1歳女児含む子どももいる。

男性の動機は今のところ不明だ。これまでの情報によると、男性は、火炎瓶のようなものが投げられた窓の下の祭りがうるさいと不満を口にしていたらしい。男性は自室で首を吊った状態で発見され、犯行のあと首を吊ったと見られている。

先に伝えられたところによると、東京湾の川崎市扇島沖でタンカー同士が衝突した

関連:

大量殺人事件が増えているのは何故か?単独犯を犯罪に追いやるのは何か?
またも残酷さの波が欧州を呑み込む:フランス教会と独病院に襲撃
仏ノルマンディー地方の教会人質犯、92歳聖職者の首を掻き切る(写真)
タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント