18:26 2021年01月19日
日本
短縮 URL
183
でフォローする

日本は輸送用クリーン燃料の推進における先進国になる可能性がある。日本では下水を燃料として使用することが提案されている。

自動車
© Fotolia / Tomasz Zajda
トヨタと三菱そして九州大学は、下水からつくった水素燃料を供給する特別ステーションの導入に関する研究、設計、開発、建設作業に取り組んだ。

ステーションの稼働時間は1日わずか12時間。だがその間に自動車65台分の燃料を加工することができる。ステーションは、一日600台分の自動車の燃料をつくり出す可能性を有している。この水素はメタンと炭酸ガスを組み合わせたもの。

日本は水素自動車の数で世界一だ。現在日本には水素ステーションが約80カ所にある。

燃料電池自動車トヨタ・MIRAIの設計責任者の田中義和氏は、下水は燃料源として全く使用されずにいるため、この方向性は特に見込みがあるとの見方を示している。

先に伝えられたところによると、タタールスタンの複数のガソリンスタンドでは、水着まで脱衣する用意のある女性ドライバーは、燃料30リットルをただでもらえる

関連:

日産 エタノールで動く電気自動車を製造
世界のLNG生産量が急増すると予測される
タグ
日本