18:09 2017年05月26日
東京+ 20°C
モスクワ+ 16°C
    日本政府、南海トラフ断層を調査して地震の予想に着手

    日本政府、南海トラフ断層を調査して地震の予想に着手

    © REUTERS/ Issei Kato
    日本
    短縮 URL
    62177317

    日本の文部科学省は、南海トラフ全域での海底の断層の綿密な調査に着手する。日経新聞が17日に報じたところ、政府はこの作業の結果により、この地域で想定されている3つの地震、東海、東南海、南海が連動する確率を高い精度で予測できると見込んでいる。

    本州から東の太平洋に位置する断層は700キロにもおよぶ。

    調査には海洋研究開発機構や防災科学技術研究所が参加する。今年3月に就航した海洋研究機構の調査船「かいめい」には南海トラフの海底断層の立体図を構築するための機器が搭載されている。調査には5年かかり、初期費用として100億円~150億円が拠出される。

    先に伝えられたところによると、中国の天山山脈の2地区で近い将来の地震の明らかな兆候が見られた

    関連:

    ロシアで映画「地震」公開(予告編)
    地震でタジキスタン東部の建物や学校が30以上倒壊
    地震発生、バイカル湖内、アンガラ川の源流付近で
    タグ
    地震, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント