00:24 2020年06月03日
日本
短縮 URL
116
でフォローする

日本の輸入額は19ヶ月連続で減少し、前年同月比24・7%減となった。輸出額は前年同月比14%減で、10ヶ月連続で前年同月を下回った。

米国向けの輸出は11.8%、欧州向けは6.5%、日本の最大の貿易相手国である中国向けは12.7%減少した。

日本の自動車、船舶、鉄鋼などの輸出が減少し、これが全体的な減少の主な要因となった。

野村證券の桑原真樹シニアエコノミストは、特に米国、台湾、韓国の産業が回復しているという事実を考慮した場合、状況はより多くの懸念を引き起こしているとの見方を示した。

近い将来に改善の見込みはない。日本銀行は努力しているものの円高が続き、ドルと円の通貨ペアの為替レートは1ドル=100円の危機的水準を下回った。

メリルリンチ日本証券の 大崎秀一ストラテジストはブルームバーグに、日本銀行はその政策がこれ以上効果を持たない臨界点に達した可能性があるとの見方を示した。

ロイター通信によると、トレーダーたちは円が1ドル=100円以上で維持された場合、日本銀行が直接介入に着手する可能性もあると考えている。

関連:

日本銀行の金融政策の決定後、金の価格が上昇
日本銀行、デフレやゼロインフレを排除せず
タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント