16:49 2019年09月21日
円

日本は事実上「ヘリコプターマネー」を使用している

© Fotolia / NorGal
日本
短縮 URL
101229
でフォローする

日本銀行は繰り返し、いわゆる「ヘリコプターマネー」を使うつもりはない、と述べている。一方の政府は40年ものの国債の発行を計画しており、日本で国家債務の貨幣化が進行中であることは明らかとなってきている。ロイターが伝えた。

日本銀行
© AP Photo / Shizuo Kambayashi, File
一方の投資家らは日本銀行に債券を売って目先の利益を得るためだけに国債を購入している。

元内閣官房参与で安倍首相の側近である本田悦朗氏によれば、日銀は日本政府の発行する30兆円分の債券を購入している。ある意味では、「ヘリコプターマネー」と同じ効果をもつ行為だという。

一部のエコノミストは、「ヘリコプターマネー」がハイパーインフレと通貨の制御不能な切り下げを誘発する可能性があることを危惧している。

先に、日本の消費者物価は、年換算で、一定期間、マイナスまたはゼロとなることが期待されると報じられた。

関連:

ゴールドマンサックス、16年度下半期の原油供給不足についての予測修正
日本銀行 新たな刺激策を控える
タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント