05:00 2021年02月27日
日本
短縮 URL
3020
でフォローする

日本の安倍首相は米オバマ政権が現在検討中という核兵器の先制不使用について懸念を表明したことはなく、その問題にはそもそも言及していないと述べた。首相本人の言葉として共同通信が伝えた。

「核の先制不使用についてのやりとりは全くない」と首相。

このような形で安倍首相は、今週米紙ワシントン・ポストで安倍首相が先日のガリー・ハリス米太平洋軍司令官との会談でこの問題に関し個人的な懸念を表明したと報道されたことを否定した。

記事はまた、核兵器の先制不使用について、日本のほかに英国、韓国、フランスが懸念を表明しているとしていた。

この件については米国政権内で今も議論が行われている。米国のメディアは、オバマ氏は9月、任期中最後となる国連総会での演説の中でこのテーマに触れる可能性がある、としている。

関連:

オバマ氏、核の先制不使用宣言はなるか?
専門家、オバマ氏の核の先制不使用は平和の希求ではなくMDの正当化
タグ
日米関係, 核問題, 安倍晋三, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント