04:02 2019年04月22日
日本初の旅客飛行機のテスト飛行、故障のためキャンセル

日本初の旅客飛行機のテスト飛行、故障のためキャンセル

© AFP 2019 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
2111

新しい日本のジェット旅客機三菱リージョナルジェット(MRJ)は試験飛行を受けるために米国に向かっていたが、故障のため、離陸1時間後、名古屋空港に戻った。27日、ジャパンタイムズが報じた。

既に飛行中に空調システムの動作不具合が発見された。29日にワシントンに到着する予定だった。北海道、ロシア、アラスカなど、燃料補給のため何回か着陸することになっていた。

飛行機は安全証明書を取得するために2500時間飛行する必要がある。その大半が米国で行われる予定だった。

飛行機が試験に進むことができるようになる期日は明かされていない。

MRJの開発には7年がかかった。航空機の最初のサンプルは2014年10月に発表された。2015年11月11日には初のテスト飛行が行われた

関連:

ボーイング、ガラスにひびが入り沖縄に緊急着陸
ANA ボーイング787型機のエンジン不具合で一部の便欠航へ
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント