07:19 2017年03月23日
東京+ 6°C
モスクワ+ 7°C
    関西空港

    関西空港はしか 従業員以外にも感染拡大

    © ken H
    日本
    短縮 URL
    161004

    先月以降、関西空港の従業員の間ではしかの感染が広がっていたが、新たに医療関係者と近くの商業施設を訪れた男性にも感染が確認された。従業員以外への感染が確認されたのは初めて。NHKが報じた。

    現時点で感染が確認されたのは全部で関西空港の従業員32人、医療関係者2人、大阪府在住の男性1人だ。

    うち医療関係者は、はしかに感染した従業員の診察、搬送をした医師と救急隊員で、男性は空港対岸にある「りんくうプレミアム・アウトレット」を訪れたことがあるという。

    大阪府によると、今回感染が確認された4人を含めはしかと診断されたのは35人。また、一連の感染で関西空港の従業員以外の感染が確認されたのは今回が初めてで、大阪府は詳しい感染ルートを調べている。

    先の報道では、米国の研究者たちがある種のがんは、ウイルスによって発病が促進される可能性があると発表した。

    関連:

    日本、外国人に危険を知らせるシステム開発
    被害者学専門家「苦しみは一生続く。死刑に関する日本の自己決定、尊重されるべき」
    タグ
    事件, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      豊岳正彦
      スマホ地デジWiFiのプラチナバンド電磁放射線は電子レンジと同等で、ウランなどが発するα線と同等の被曝被害を生物細胞に与える。
      プラチナバンド電磁放射線の身体に密着した近距離被曝で広島型ウラン原爆黒い雨による内部被曝被害と同等の遺伝子損傷を受ける。
      α線は最も透過性が低く外部被曝なら薄い紙一枚で完全に防御できるが内部被曝の場合人体組織の体成分や生体内水分で体外への透過が遮られレントゲンフィルムでもホールボディカウンターでも検出できない。
      すなわちα線内部被曝量は人間の科学技術では未来永劫測定不可能である。
      ウラン原爆や劣化ウラン弾などで発生した黒い雨を体内に取り込むと、成体の細胞分裂しない体細胞の細胞核内遺伝子(仁と呼ばれる)は核膜や細胞膜や細胞質の存在が遮蔽としてはたらくことによってα線が遺伝子に達することはほとんどないが、盛んに細胞分裂して増殖する幼若細胞は分裂する際に細胞核内の遺伝子が保護されないむき出しの無防備な状態になるためα線に近接被曝してしまい、遺伝子に直接損傷を受ける。
      受精卵は最も盛んに分裂する。
      ウラン原爆被爆地広島やチェルノブイリや劣化ウラン弾被爆地イラクで奇形児出産が多発した事実はα線内部被曝が存在した明白な証拠である。
      放射性同位体K(カリウム)による自然放射線内部被曝には超長期にわたって継代獲得された生物本来の自己修復能力(すなわち免疫システム白血球NK細胞である)で対応できるが、Kとは比較にならない天文学的大量の人工核物質ウランによるα線内部被曝には幼若細胞臓器であるほどシステマティックな免疫対応ができないのである。
      これがα線内部被曝による先天(正しくは胎内後天)奇形多発のメカニズムである。

      そして人間の場合成人男性「父なる天」に比べて子宮と卵巣を持つ成人女性「母なる大地」のほうが内部被曝の影響を多く受ける。
      受精卵の分裂増殖は子宮内で始まり、出生後も人間の場合満年齢で13~15歳数え歳15~17歳元服年齢までこども時代の期間中太陰暦体内時計で一日も休みなく睡眠中に体細胞分裂増殖して自律的に身体を成長させてゆく。
      すなわち成長も旧皮質自律神経システムの活動である。
      寝る子は育つという言い伝えは逆に「こどもには自律的成長のために十分な睡眠が必要」と言うことを意味している。
      そしてこどもの身体の成長成熟は細胞分裂によって達成される。
      これゆえにウランα線内部被曝によってこどもだけが白血病を発症して平均寿命よりもはるかに早く個体死を迎えるすなわち夭逝するのである。
      広島原爆の子千羽鶴のさだ子ちゃんは白血病で亡くなったのである。
      日本全国で戦前までほぼ発症率ゼロだったこどもの白血病が戦後全国的に急増したのは、ウラン原爆黒い雨と原発燃料劣化ウランのα線内部被曝量の天文学的急増によるのであり、他に原因はない。
      原発周辺地域のこどもの白血病発症率は原発遠隔地域の10倍以上であるが、この疫学事実はABCCと731部隊が起源となった戦後GHQ創設日本政府厚生省によって完全に握りつぶされ隠蔽されている。

      しかし逆にプラチナバンド電磁放射線の研究によって、α線内部被曝と同等のこどもの白血病発症増加という事実が観察されたことから、内部被曝の真実が明るみに出たのである。

      隠されたことで明るみに出ないものはない。これが人の世の真理である。

      プラチナバンド電磁放射線については、ロシアが最も国として先進的に研究している。

      今度のウラジオストク日露首脳会談の結果を受けた日本政府は、ロシアとの経済交流の柱に先進医療の医療センターをロシア極東地域に建設する意向を示しているが、それを実施することで反ってロシアの先進医学が日本国君主勤労納税子育て主権者国民に多大なる福益をもたらしてくれることになろう。sptnkne.ws/bSJS

      さて、先にスプートニクさんに「今年の夏モスクワで熱中症の救急搬送は何件発生したか」と質問したが、sptnkne.ws/ceuQ
      同様にもうひとつ質問することをお許し願いたい。それは、

      「ここ数年間ロシア国内ではしかの発症(流行は発症があれば必ず流行するのが麻疹の特徴だから聞くに及ばず)がありましたか。あればそれはどの地域ですか。」
    新しいコメントを読む (0)