23:18 2021年05月17日
日本
短縮 URL
0 22
でフォローする

11日、岐阜県飛騨市で開かれた「山の村だいこんマラソン大会」で、参加者115人がスズメバチに刺された。

大会事務局などによると、8人が病院で手当てを受けたが、いずれも軽症だったという。

刺したのはキイロスズメバチで、橋の下にサッカーボール大の巣があった。

ハチに刺されたのはハーフマラソンの参加者。「山の村だいこんマラソン大会」は今年で18回目を迎え、合わせて1500人以上が参加した。

先に伝えられたところによると、フロリダ州の議員がジカ熱を媒介する蚊の入った缶を議会に持ち込んだ

関連:

日本 100歳以上の長寿者6万5千人超 史上最高の数字
日本の学者、脳の一部を制御する方法を発見
タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント