00:55 2020年05月30日
日本
短縮 URL
1213
でフォローする

日本の航空自衛隊と米空軍のパイロット達は、日本の南西部・九州地域の領空で、合同演習を行った。13日、菅官房長官が、記者会見で明らかにした。

菅官房長官は、記者団の質問に、おおよそ次のように答えた-

「航空自衛隊の戦闘機と米空軍の爆撃機のパイロット達が、九州地域で合同演習を実施した。これは、協力のポテンシャルを高め、部隊の熟練度を強化するためのものだった。その後、米国の爆撃機B-1Bは、米韓合同演習が行われる韓国に向かった」。

先に米軍司令部は、北朝鮮の核実験を受け、同盟国支援の示威行動実施のため、韓国に複数の戦略爆撃機を派遣する決定を下している

関連:

北朝鮮高官「核実験はアメリカ向け。日本に向けたものではない」
日本の学者、脳の一部を制御する方法を発見
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント