00:27 2020年06月03日
日本
短縮 URL
3115
でフォローする

全国で22人の犠牲者を出した台風により大きな被害を受けた岩手県岩泉町を訪れた、復興政務官を兼任する内閣府の務台俊介(むたい・しゅんすけ)政務官は、同行者におんぶされ豪雨被害の視察を行った。結果ネットは炎上した。英デイリーミラー紙が報じた。

視察時、務台政務官は水溜りで足をぬらしたくなかったようで、同行者が政務官を背負い水溜りを超えると提案し、提案は受け入れられた。水溜り越えの「旅」はカメラにキャッチされ、ネット利用者を憤慨した。

務台政務官は仕事への不注意な態度を非難され、「日本の恥」とまで言われた。結果、務台政務官は不適切な行動の謝罪を余儀なくされた。彼は深く反省しているという。

関連:

日本 マラソン大会で115人がスズメバチに刺される
天皇の生前退位、日本国民の大半が賛成
タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント