06:09 2018年08月20日
日本、ロシアの将来の石油業者を研修

日本、ロシアの将来の石油業者を研修

© Sputnik / Evgeny Biyatov
日本
短縮 URL
170

日本のサハリン石油ガス開発(SODECO)がサハリンから将来の石油業者である石油ガス分野の生徒を企業研修に受け入れ、米国のFluor Danielはサハリン島の設備付き学業施設を支援する。29日、サハリン州のオレグ・コジェミャコ知事とこれら企業代表が合意した。

日本のSODECOとサハリンは、将来の石油業者の日本企業研修留学で合意した。日本の企業に石油ガス分野のサハリン最良の生徒を受け入れる提案を申し出たのは同企業の代表取締役社長、藤田昌央氏だ。

技術石油ガス大学の生徒の第1回研修生はすでに来夏にも受け入れられる用意がある。予定されている研修期間は20日で、研修生はその間日本の諸石油会社でトレーニングを受け、理論的知識を得、自らの知識を実践に適用する機会が与えられる。

先に、ロシア国営企業「ガスプロム」のアレクサンドル・メドヴェージェフ副社長の話として、ガスプロムが「対日供給を想定し、極東サハリンの液化天然ガス(LNG)生産基地を増設する」と報じれらた

関連:

安倍首相に近い人物、南クリル問題の妥協解決を支持
エネルギー戦争で日本はロシア側に立った
タグ
石油, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント