20:53 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 1°C
    日本政府 通貨政策の透明性を中国に求める

    日本政府 通貨政策の透明性を中国に求める

    © Fotolia/ Angelika Bentin
    日本
    短縮 URL
    242558

    中国は、自国の通貨政策をもっと透明性のあるものにすべきだ。今日30日、麻生財務相は、このように発言した。

    麻生財務相は、国際通貨基金〔IMF)の通貨バスケットに中国の人民元が近く含まれることについてコメントしたさい「中国は、自国の通貨管理政策を、より開かれたものにすべきだ」との考えを明らかにした。

    明日10月1日、「特別引き出し権(SDR)」と呼ばれる、IMFの準備資産を構成する通貨バスケットが拡大され、中国の人民元が含まれることになる。

    なお、先に伝えられたところによると、国際通貨基金(IMF)のルーク・エバアート氏は29日、IMFは日本の賃金が低すぎることを懸念していると述べた。

    関連:

    日本、中国戦闘機接近につき航空機発進
    日本 中国人観光客の花見のマナーに怒り心頭(動画)
    タグ
    経済, 日本, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      田布施のアソウも (神道流にいうなら みそぎ が 終わっていないのでは?

      ○ 「小泉総理の父、祖父が、第二次大戦中、中国侵略を進めた大政翼賛会の政治家であり、安倍晋三官房長官の祖父が、中国侵略の中心人物、岸信介であり、麻生太郎外務大臣の祖父が、中国侵略軍の中核に居た吉田茂である」という家系の意味するもの。
       主な業務はアヘン密売であり、実働部隊として岸信介、佐藤栄作、池田勇人、吉田茂がアヘン密売に関与し、満州国の運営資金をアヘン売買で調達した。
      blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1798497.html

      ○ 麻生太郎のセメントのグループ会社(ラファージュ)がISと取引していたようです
      こんな重大なスキャンダルでも副総理を辞さなくてもよい日本は終わってますワ!!!
      何が「テロとの戦い!」なんだ!
      blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/8d0e2fbcdbdb1eba84bee7d02e921d1a
    • avatar
      豊岳正彦
      安倍自公政府はよその国の通貨を言う前に、自分の国の通貨偽造「パチンコ屋景品買い不等価高額換金金融流通システム破壊」内乱罪を摘発断罪してからにせよ。
    新しいコメントを読む (0)