15:23 2018年06月19日
日本国産旅客機「MRJ」が予定外の着陸

日本国産旅客機「MRJ」が予定外の着陸

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
0 58

日本の三菱航空機が開発する国産旅客機「MRJ」がテスト飛行中に能登空港への予定外の着陸を行なっていたことが明らかになった。共同通信が報じた。

13日、「MRJ」は離陸を行なった名古屋空港へと戻る予定だったが、途中の能登空港に着陸した。三菱航空の代表者は着陸の理由について、飛行中にいくつかの確認を要する事態が発生したためと説明している。

三菱航空機側は今回の着陸について開発者の計画に一切の支障をきたすものではなかったため、「緊急着陸」ではなかったと説明している。

現在「MRJ」は日本と米国で安全の認定を受けるための実験飛行を行なっている。来年はじめまでには「MRJ」は日本の交通運輸省の安全確認を得るために2500時間の飛行を行なう必要がある。

9月29日、「MRJ」は名古屋からワシントン州グラント・カウンティー空港まで初のテスト飛行を行なった。

関連:

日本の三菱リージョナルジェット、初のテスト飛行で無事米国へ
日本が開発する初のジェット旅客機MRJ ロシア経由で試験飛行に向け出発
日本初の旅客飛行機のテスト飛行、故障のためキャンセル
タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント