08:59 2017年03月25日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    日本、60億円相当のコカインを押収

    日本、60億円相当のコカインを押収

    © Fotolia/ Africa Studio
    日本
    短縮 URL
    2156842

    横浜港税関はいずれかの南米の国から食品として貨物コンテナに入れて送られたコカイン約100キロを押収した。

    闇市場での価格は60億円と推定される。捜査情報をもとに共同通信が報じた。

    押収は9月だった。現在、警察が最終目的地を探している。

    日本の歴史上最大の麻薬押収は沖縄・那覇市の港湾における6月のヨット拿捕。闇市場価格で約3億8700万ドルの価値がある合成薬物約600キロが差し押さえられた。本件に関連して6人の台湾人が逮捕された。

    なお先に伝えられたところによる、数トンのコカインが英国沿岸で拿捕された船内で発見された

    関連:

    コカコーラ仏工場で5000万ユーロのコカイン入りコンテナ発見
    過去最大級の量のコカインが馬の頭の彫刻に入れられて郵送される(写真)
    タグ
    麻薬, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • ネットもぐら
      ちゃんとCIA経由にしないと押収されるんだなW
    • avatar
      豊岳正彦
      実際にはこの100倍くらい常時流通しているが、日本警察がヤクザ・マフィアとぐるだというイスラエルフリーメーソンの秘密がばれないために、時々こうやって大量(笑)検挙してテレビでヤラセ報道して見せているだけ。
      押収麻薬は警察から横流しされ、逮捕した犯人はヤラセ仲間だけ密かに不起訴釈放されている。
      拳銃密輸や原潜寄港拒否と同じNHKのヤラセである。

      さらに、NHKが殺害除去したいターゲットには高額の生命保険をかけてフィリピンへ送り込んで売人であると密告通報すれば、フィリピン国ドゥテルテ無司法政府が司法裁判抜きで殺害してくれるので、労せずして生命保険金も合法的に手に入るというわけだ。
    新しいコメントを読む (0)