03:19 2018年10月21日
安倍首相

安倍氏、2021年まで首相を務めるのか?

© Sputnik / Tadyldy Kadyrbekov
日本
短縮 URL
9936

自民党は25日、党総裁の任期を現在の「連続2期6年」から「連続3期9年」へ引き延ばすために党の規約を改正する方針を固めた。

これが実現すれば安倍首相は2018年に辞職を余儀なくされることもなくなり、総裁選に出馬して2021年まで現在のポストを延長することが理論上可能となる。共同通信が自民党内の消息筋からの情報として報じた。

安倍氏の第2次政権発足は2012年。現在の自民党の党規約では総裁の任期は2018年9月に終了する。これに対し自民党内の安倍氏の支持者らからは経済改革および2020年の東京五輪の実施のために安倍政権の存続期間を延長させるよう要請が上げられている。

自民党規約の最終的な改正は来年3月の自民党党大会の承認を受けてから行なわれる。

関連:

プーチン大統領の日本訪問までに大規模な準備がなされるー露外務省
安倍首相、ロシアとの平和条約交渉に展望を見る
タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント