07:11 2019年12月15日
日本の菅官房長官

官房長官、露ミサイル配備、 平和条約締結交渉への影響なし

© AFP 2019 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
0 137
でフォローする

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、ロシア軍がクリル諸島新型ミサイルを配備したとの報道に関して、平和条約締結交渉への影響を与えないと声明した。

記者団の、択捉島と国後島に新型ミサイルを配備質問と平和交渉への影響の有無という質問に対して、「全くない」と回答。また、今後の平和交渉について「双方が受け入れ可能な解決策のため、交渉に粘り強く取り組む」と強調した。

関連:

イトゥルプ、クナシル両島へのミサイル配備、日本の反応は「適切な対応を考える」
クリル諸島、ロシアがミサイル複合体「バル」、「バスチオン」を配備
タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント