02:00 2017年09月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 13°C
    鳥インフルエンザ

    日本で鳥インフル、30万羽超処分

    © REUTERS/ Kyodo
    日本
    短縮 URL
    174827

    人間も感染するH5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたため新潟県と青森県は養鶏場などのアヒル・鶏を殺処分している。

    新潟県は、関川村の養鶏場で死んでいた鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出されたとの発表を受け、殺処分を開始した。まだ青森県も29日、食用アヒルからH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の家禽農場で、飼育中の約1万6500羽の殺処分を続けた。
    菅官房長は記者団に感染拡大防止に努めると発言。
    ロシア国内にも南部カルムィク共和国で鳥インフル感染が確認され、隔離・殺処分など対策が取られた。
    リアノーボスチ通信が報じた。

    関連:

    日本、鳥インフル蔓延でフランスからのフォアグラ輸入を禁止
    一日でインフルエンザを治せる世界初の医薬品、2018年より日本で販売
    タグ
    伝染病, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント