21:17 2018年11月14日
葬儀場

「生き地獄」から逃れるための自殺―日本の高校生の遺書を遺族が公開

© Fotolia / Akiyoko
日本
短縮 URL
1419

11月下旬に自殺した新潟県の男子高校生の遺書が遺族により公開された。「本当はもっと生きたかったけどもう生きていける気がしません」などと記されていた。毎日新聞が伝えた。

遺書はノートから切り取った紙1枚に書かれ、自室の机の上に置かれていたという。学校の教諭に複数回相談したが解決につながらなかった経緯にも触れられていた。

生徒の父親は「学校から、一言『悩んでいるようだ』と教えてもらえていれば結果は違ったと思う」と話しているという。

関連:

長野県南牧村の畑で人の片脚見つかる
酩酊による判断能力減退を理由に殺人罪が軽減、沖縄地裁
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント