20:15 2019年10月21日
Петух

鳥インフル、宮崎・川南町で12万羽殺処分

© Sputnik / A.Kornyushenko
日本
短縮 URL
123
でフォローする

農林水産省は19日、宮崎県中部にある川南町の養鶏場で死んでいた鶏から、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。

この養鶏場で飼育されている鶏約12万2000羽は全て殺処分される。今冬、国内の養鶏場などで鳥インフルエンザの感染が確認されたのは新潟、青森両県や北海道に続き、6件目。時事通信が報じた。

関連:

日本で鳥インフル、30万羽超処分
韓国政府は鳥インフルエンザ感染について発表した
タグ
伝染病, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント