06:17 2017年11月22日
東京+ 5°C
モスクワ+ 0°C
    International Olympic Committee (IOC) President Thomas Bach (L) gives the Olympic flag to Tokyo's governor Yuriko Koike during the closing ceremony of the Rio 2016 Olympic Games at the Maracana stadium in Rio de Janeiro on August 21, 2016.

    東京オリンピック警備費は1600億円

    © AFP 2017/ Fabrice COFFRINI
    日本
    短縮 URL
    0 53518

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会がまとめた大会の予算計画で、総額8200億円と見込む運営関係の費用のうち、テロ対策などで重要さを増す警備費に最多の1600億円を盛り込む方針であることが20日、関係者の話で分かった。選手ら大会関係者の輸送費は1400億円を計上し、円滑な運営を期す。東京が重視する先端技術の活用にも1千億円を盛り込む。

    警備費用の他に会場整備関係の費用は恒久施設、仮設施設を含め、総額6800億円を見込んでいる。

    運営と会場整備の費用に予備費を加えた総予算は1兆6千億~1兆8千億円となり、21日に開かれる4者トップ級会合で提示される見通しとなった。共同通信が報じた。

     

    関連:

    2020年東京五輪メインスタジアムの起工式
    日本は2020年東京五輪で世界にポジティブな改革をもたらす
    タグ
    五輪, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント