10:49 2018年09月26日
日本郵便事業の赤字で、来年の1月からはがきが値上がり

日本郵便事業の赤字で、来年の1月からはがきが値上がり

© Sputnik / Рамиль Ситдиков
日本
短縮 URL
119

日本郵便は22日、来年6月1日から、はがきの郵便料金を52円から62円に値上げすると発表した。

値上げの主な要因になったのは人件費の上昇で、収益低迷が長い間続く。値上げにより郵便事業が立て直すと思われる。共同通信が報じた。

来年5月に市販のはがき用に62円切手を発行する。往復はがきは104円から124円に引き上げる。

まとめて集配できる年賀状は、12月15日から来年1月7日に投函された場合に限り52円に据え置く。この期間以外で出すと10円の料金不足になり、差出人か受取人が払う必要がある。封書も82円と92円を維持する。

はがきは配達数の減少する一方、15年度の営業損益は294億円の赤字だった。値上げをしないと17年度には郵便事業全体が営業赤字となる見込みだった。 日本郵便の担当者は「経営努力だけでは人件費の上昇を吸収できなくなった」と話した。

関連:

世耕経済産業大臣に独占インタビュー、露日経済協力計画の実現のステップは?
ロシア、10月の産油量でサウジを超す
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント