02:29 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    クマ

    日本・茨城 クマ肉を食べ発疹や発熱

    © Flickr/ Gregory "Slobirdr" Smith
    日本
    短縮 URL
    2162133

    茨城県保健当局の発表では、先月24日から今月8日にかけて水戸の飲食店で出された「クマ肉ロースト」を食べた20代から50代の客15人が、発疹や発熱などを訴え病院で診察を受けた。そのうち1人が入院したが、すでに退院している。 NHKが伝えた。

    飲食店のクマ肉は、客の一人が北海道で捕獲されたものを知人からもらい、店に持ち込んで調理を頼んだとのことだ。

    水戸保健所の発表では、冷凍保存されていたクマの肉から寄生虫の「せん毛虫」が見つかった他、中毒患者の体内からも「せん毛虫」の抗体が発見された。そのため飲食店は、営業停止処分を受けた。

    「せん毛虫」は、クマなどの野生動物に寄生する。こうした中毒が日本で確認されることは珍しく、今回は4例目だった。

    関連:

    ギリシャ旅行中の英国人女性 カクテル飲んで失明
    米国、教師を唐辛子中毒にした女子生徒が逮捕
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント