17:24 2017年11月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 2°C
    菅官房長官

    中国空母艦隊の西太平洋進出は海上能力の向上を示すー菅官房長官

    © REUTERS/ Yuya Shino
    日本
    短縮 URL
    129602

    菅官房長官は26日の記者会見で、中国空母「遼寧」の艦隊が西太平洋に進出したことに関し、中国艦隊の日本周辺海域での動向を引き続き注視し、警戒監視活動に万全を期す考えを示した。共同通信が報じた。

    防衛省は、遼寧の艦隊が25日10時ごろ、沖縄本島ー宮古島間を通過して西太平洋に抜けたのを確認した。

    中国空母の太平洋進出が確認されたのは初めて。対中強硬姿勢を見せるトランプ氏へのけん制とみられ、菅官房長官は「中国の海上戦力の能力拡大を示すものだ。注目している」と指摘した。

     

     

    関連:

    菅官房長官:中国側の批判は「事実と明らかに異なる」
    日本は南クリルの露ミサイル配備は容認できない、菅官房長官
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント