08:37 2018年09月23日
安倍首相(アーカイブ)

鳥の目のように、世界地図を俯瞰する積極的な外交を今年も展開していく - 安倍首相、年頭記者会見に

© 写真 : Presidenti of Russia Press Office
日本
短縮 URL
4721

安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市で年頭記者会見に臨み、通常国会を今月20日に召集する考えを明らかにした。共同通信が伝える。

衆院解散・総選挙については「解散の2文字を考えたことは全くない。最大の経済対策は2017年度予算の早期成立だ」と述べた。

天皇陛下の退位を巡る法整備に関し「極めて重い課題だ。決して政争の具にしてはならない。静かな環境で議論を深めるべきだ」と述べた。

経済対策に関し「本年も経済最優先。デフレ脱却に向けて三本の矢をうち続けていく」と強調。今年の干支の酉年にちなみ「鳥の目のように、世界地図を俯瞰する積極的な外交を今年も展開していく」と述べた。

関連:

安倍首相の2017年日程:日米同盟を強化、露日共同経済活動を発展、日中関係改善を進む
安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?
タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント