22:39 2017年08月20日
東京+ 26°C
モスクワ+ 31°C
    米国との新しい協力の見通し?横田空域通過を米側が了承 防衛相はTHAAD視察

    米国との新しい協力の見通し?横田空域通過を米側が了承 防衛相はTHAAD視察

    © REUTERS/ Kevin Lamarque
    日本
    短縮 URL
    22108817

    10日、羽田空港の国際線発着回数を増やすために東京都心上空を通過する形で設定される新ルートの一部が、米軍が管制権を持つ「横田空域」を飛行することが政府関係者への取材で分かった。共同通信が報じた。

    米側は、実務者間での調整で飛行を了承しており、今後両国間で具体的な詰めの協議を進めるという。

    また10日、 日本の稲田防衛相が記者会見で、12、13両日に米領グアムを訪問すると発表した。アンダーセン空軍基地などを訪れ、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を視察する予定。共同通信が報じた。

    稲田氏は会見で、北朝鮮による弾道ミサイル開発を念頭に「現段階でTHAADを導入する具体的な計画はないが、新たな装備品の導入は具体的な能力強化策の一つとなり得る」と強調したという。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント