21:30 2018年07月18日
Japan's Aerospace Exploration Agency

日本新型の最小ロケット打ち上げ延期、強風のため

© Flickr/ Norio NAKAYAMA
日本
短縮 URL
0 51

JAXAによると、小型ロケットの打ち上げ中止は強風が理由。新たな打ち上げ日は14日以降としている。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前、電柱ほどの大きさの小型ロケット「SS520」4号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げる予定だったが、強風のため中止した。14日以降に延期する。

東京大が開発した超小型衛星を搭載しており、人工衛星を軌道に投入するロケットでは世界最小としている。需要が高まっている超小型衛星の打ち上げ手段としての技術の可能性を確かめるのが狙いだった。

小型ロケットは、全長約10メートル、直径約50センチで、長さは主力のH2Aロケットの5分の1ほど。運用中の2段式の観測ロケットを3段式に改修し、コスト削減のためバッテリーや電子部品などに市販品を使った。

関連:

日本、ISSへ「こうのとり」6号機打ち上げ成功
日本の気象衛星「ひまわり9号」が打ち上げ(動画)
タグ
宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント