23:22 2018年12月10日
菅官房長官

官房長官、退位時期めぐる報道を否定

© REUTERS / Yuya Shino
日本
短縮 URL
0 06

菅官房長官は午前の記者会見で、天皇陛下の退位や新たな元号となる時期などをめぐる一連の報道について「現在、有識者会議で予断を持つことなく静かに議論を行っているところであり、全く承知していない」などと述べた。

また菅官房長官は、天皇陛下の退位をめぐって、政府が再来年の2019年の元日に皇太子さまが新たな天皇に即位し、新たな元号とする方向で検討に入ったなどとする報道について、「報道されているような内容は全く承知していない」と発言。

ただし、「現在、陛下の公務の負担軽減などについて、有識者会議で予断を持つことなく静かに議論を行っている。まだそのような状況なので全く承知していない」と、菅官房長官は述べた。共同通信が報じた

 

関連:

天皇陛下譲位の時期が明らかに
ロシア人専門家、明仁天皇が公務遂行の困難さを語られたのは民意を探る試みでは
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント