19:25 2018年11月19日
世耕弘成経済産業相(アーカイブ)

世耕氏、ロシア第1副首相と会談 安倍首相の4月訪露へ

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
日本
短縮 URL
0 511

世耕弘成ロシア経済分野協力担当相(経済産業相)は11日、モスクワでシュワロフ第1副首相と会談した。シュワロフ氏、安倍晋三首相が4月にロシアを訪問する見通しだと述べた。安倍首相は今年前半の訪露の意欲を示しており、両国の調整が進んでいるとみられる。共同通信が伝えた。

世耕氏とシュワロフ氏は、安倍首相が昨年5月にロシア南部ソチでの露日首脳会談で提示した8項目の経済協力案の具体化について話し合った。
12月15日、16日にかけてプーチン大統領は訪日し、安倍氏をロシアに招待していた。 会談の結果、プーチン大統領と安倍首相は共同声明を行い、南クリル諸島における日本とロシアの共同経済活動に関する協議開始が、平和条約締結への重要な一歩になり得ると指摘した。さらに、ロシアと日本は60以上の様々な合意書に調印した。

安倍晋三首相は11日、鈴木宗男元衆院議員と官邸で会い、昨年12月のプーチン・ロシア大統領との首脳会談に関し「さまざまな評価はあるが、とにかく平和条約の締結を目指す、この一点に尽きる」と決意を示した。その後、首相は今年を「日露関係にとって大事な年だ」と指摘。世耕氏の訪問は安倍氏訪露の環境整備の狙いがありそうだ。

世耕氏は11日、自民党の参院議員有志でつくる「日露議員懇話会」の会長として、ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長とも会食。12日にはマトビエンコ上院議長やマントゥロフ産業貿易相らと相次いで会談する。

関連:

安倍首相ー4島での共同経済活動は平和条約にプラス
安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント