21:51 2018年09月21日

首相、TPPで協議、南シナ海で協力ベトナムへ

© AFP 2018 / Hoang Dinh Nam
日本
短縮 URL
1416

共同通信によると、安倍晋三首相は16日午前(日本時間同)、インドネシアで首脳会談など一連の日程を終え、次の訪問地ベトナムへ向け政府専用機でジャカルタのハリム空港を出発する。ハノイでグエン・スアン・フック首相らと会談し、中国の南シナ海進出や、トランプ次期米大統領が脱退方針を示す環太平洋連携協定(TPP)への対応について協議する。

ベトナムが今年、議長国を務めるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の成功に向けた全面支援を伝達。両国が参加するTPPでは発効を目指す方針で一致するとみられる。最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長や、事実上の党序列2位のチャン・ダイ・クアン国家主席とも会談する予定。

首相は12日から東南アジアなど4カ国を歴訪しており、ベトナムが最後の訪問地となる。

関連:

比大統領が安倍首相に米国と協力の構えを表す
日本、フィリピンのインフラ発展に87億ドル(1兆円)を拠出へ
タグ
安倍晋三, 日本, ベトナム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント