15:45 2018年06月19日

露サハリンで恐竜化石複製、展示 日本協力で完成

© Fotolia / Avanne Troar
日本
短縮 URL
0 90

19日、ロシア極東のサハリンで、現地で発見された恐竜の化石の複製がサハリンの博物館で展示した。

この恐竜の発見は、日本がサハリン南部を統治していた昭和9年、三井鉱山が川上炭鉱病院を建設工事の際、その2年後、北海道の専門家によって「ニッポノサウルス・サハリネンシス」と名付けられた。

この恐竜は、体長がおよそ4メートルで、今からおよそ1億年前から6600万年前の草食恐竜の一種として考えられる。

この展示会は、群馬県の業者のおかげで開始された。サハリン博物館で複製を完成するための製作技術がないことから、化石は北海道大学総合博物館で収蔵し、日本の技術協力で完成された。

会場では、大勢の子どもたちが、ガラスケースの中に展示された複製を興味深そうに眺め、11歳の男の子は「とても大きく、美しく驚いています」と話した。NHKニュースが報じた。

博物館のマチュシュコフさんは「協力してくれた日本に深く感謝しています。ロシアのみならず、日本からも観光客が大勢、訪れてくれることを期待しています」と話した。

関連:

バレエマスターのボリス・アキモフ氏、ウラジミル・ヴァシリエフ氏に旭日章
ダビデ像、微振動で倒壊の恐れ
タグ
日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント